臨書作品ー前赤壁賦ー

片倉 光雨

e0131814_811028.jpg


呉昌碩・前赤壁賦(全臨)

壬戌之秋、七月既望、蘇子與客泛舟、遊於赤壁之下。清風徐来、水波不興。挙酒蜀客、誦明月之詩、歌窈窕之章。少焉月出於東山之上、徘徊於斗牛之間。白露横江、水光接天。縦一葦之所如、凌萬頃之茫然。浩浩乎如馮虚御風、而不知其所止、飄飄乎如遺世独立、羽化而登仙。於是飲酒楽甚。扣舷而歌之。歌曰、桂櫂兮蘭漿。撃空明兮泝流光。渺渺兮予懐、望美人兮天一方。

宋の元豊五年(1082)秋七月十六日夜、蘇東坡が月明に乗じて舟遊びして、三国の英雄曹操や周瑜の風流を偲び、自分がはかない流人の身の上であることを嘆き、無限な生命の前では古人も我も何等選ぶところが無い、儚いものであり、萬物同一であることを悟り、明月と江上の清風とを楽しみ憂いを忘れたと言う感慨を述べた名文。
後赤壁賦(水量が少ない江石が露出し凄惨な景色を詠ずる)に対し前赤壁賦を呉昌碩が臨書したものを手本に臨書したものである。
[PR]
by souu-y | 2011-02-23 14:15
<< うちわ作品 臨書作品ー升色紙ー >>