刻字 李白詩四首

e0131814_15541820.jpg


白鷺鷥 
白鷺下秋水     白鷺が 水辺におりる
孤飛如墜霜     ただ一羽 霜がおりるよう
心閑且未去     こころのどかに 立ち去らず   
獨立砂洲傍     ひとりたつ なかすのかたに

静夜思
牀前看月光     寝台の前に月光がさしこむ
疑是地上霜     地上に降った霜かと疑うほど
擧頭望山月     頭をあげて山月をのぞみ
低頭思故郷     頭をたれて故郷をおもう

秋浦歌
白髪三千丈     わが姿は 三千丈もあろうかと思うほどの白髪
縁愁似箇長     つもったうれいにより こんなに伸びたのだろう
不知明鏡裏     澄んだ鏡の中にうつる白髪の姿をみるにつけても
何處得秋霜     秋霜のような白髪は どこからやってきたのだろうか

獨坐敬亭山
衆鳥高飛盡     あたりにいた鳥も空たかく飛んで去っていき
孤雲獨去閑     空に浮かんだひとひらの雲も流れさり
相看两不厭     私と見合って たがいに厭きることのないのは
只有敬亭山     ただ 敬亭山だけである

平成九年 毎日展出品作品
[PR]
by souu-y | 2008-02-09 09:18
<< 希 曲江 >>