文字はどんな風に出来たのでしょう

漢字が誕生した頃の人々は 大自然の中で どんな生活をしていたのでしょう。
朝、日の出と共に起き 
近くの森や林、野原で草や木の実を採りに行き、川で魚を捕まえてきたり・・・
遠くの山へ獣の狩りに出かけたりもしたことでしょう。
また、畑を耕し作物を作りました。

こんな時 出かけても大丈夫か、作った作物がちゃんと出来るか心配事もたくさんあったでしょう。
そこで神様にお訊ねし 占いをしたのです。


お昼には 急に降り出した雨に 川が溢れることもあったでしょう。
雷がなり 火山が噴火し 恐ろしい出来事もいっぱい起こりました。

夕方になれば 辺りは暗くなり何も見えなくなってきます。

そうです。何しろ電気もないのですから。

すっかり日が落ち 真っ暗になりました。
空には 月が出ています。
星もキラキラ 輝いています。

そんな生活の中で 人々は『漢字』を作ったのです。

さぁ この一日の生活の中で どんな漢字が出来たでしょうか?
[PR]
by souu-y | 2008-11-15 09:58
<< 象形文字 古代の人々の生活 >>