カテゴリ:師匠の作品( 2 )

師匠の作品 2

桑田 笹舟

e0131814_1719524.jpg

40数年前、著書出版のため 関戸古今集の一節を拡大臨書してくるようにと言われご自宅へ持参した時、「僕も書いてあるよ」と結婚祝いとして戴いた作品。
この著書は お稽古を止めたこともあり 出版されたのかも判らない。

奈無登難久 宇礼志幾古東能 安万堂阿流 心農有幣耳者類半 起多李怒
何となく 嬉しきことの あまたある 心のうへに春は きたりぬ


明治33年(1900年)6月24日、広島県福山市生まれ。1921年安東聖空に師事。1924年古筆研究家の田中親美に師事。
1924年一楽書芸院を設立、会長に就任。1927年「かなとうた」発刊。1932年関西書道会展、東方書道会展で最高賞受賞。1940年教職を退き、書道に専念。
1951年日展特選。1956年朝日新聞社主催「現代書道二十人展」に出品。1965年兵庫県文化賞。1970年日本芸術院賞受賞。1978年勲四等旭日小綬章。1980年東大寺華厳経奉納。1981年紺綬褒章。1982年東宮御所において皇太子妃(現在の美智子皇后陛下)に料紙について御進講。    
その他、日展理事・毎日書道展審査会員、一楽書芸院会頭、日本書芸院名誉顧問などを歴任。
「大字かな」運動の先駆者として書道隆盛の基礎を築いた。また古筆と料紙の探求に専念し、王朝の料紙を現代に再現する等、料紙研究家としても第一人者。
福山市名誉市民
平成元年(1989年)7月31日没、89才。
[PR]
by souu-y | 2014-10-15 17:44 | 師匠の作品

師匠の作品 1

炭山 南木

e0131814_16153817.jpg

高校1年で出会えた師匠。その頃の作品。
「夏雲多奇峰」
春水満四沢  春水(しゅんすい)、四拓(したく)に満つ
夏雲多奇峰  夏雲(かうん)、奇峰多し
秋月揚明輝  秋月(しゅうげつ)、明輝(めいき)を揚(あ)げ
冬嶺秀孤松  冬嶺(とうれい)、孤松(こしょう)秀(ひい)ず
陶淵明の四時の詩の一節

e0131814_6105765.jpg
老鶴雲間意  ろうかくうんかんのい
長松雪外姿  ちょうしょうせつがいのすがた 
 
昭和40年 日展出品作品


明治28年(1895)3月25日香川県小豆島生。
号は無隣庵。川谷尚亭に師事し行草書を得意とした。
毎日展名誉会員・日展参与・日本書芸院顧問。芸術院賞受賞。
昭和17年神融会を設立。21年辻本史邑らと日本書芸院を設立,のち理事長。
日展特選、日本芸術院賞を受賞、大阪市民文化賞、布施市有功章、書道文化顕功章、紺綬褒章、勲三等瑞宝章受章。
大阪樟蔭女子大学名誉教授、奈良教育大学教授、東大阪書道協会会長、 日展参与等を歴任。
黒部ダム碑文 揮毫。
著書に『臨書指針』他多数。
昭和54年(1979)11月23日歿、84才。
[PR]
by souu-y | 2014-10-15 17:14 | 師匠の作品