<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

有英作品

e0131814_155927100.jpg

室生犀星の「小景異情」より
ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの

よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

ふるさとを離れて50有余年。勿論、犀星とは違い結婚してご主人の仕事での引っ越しがあったにせよ 子供たちが成人し旅立った時、今は亡きご両親や兄弟姉妹のことを思い、この歌に託して書いた作品である。

その切ない思いが描けているだろうか?
作者は「思い切って書いたが 大胆ではない性格が伸びやかな作品にならない」と悩んだが 几帳面に 美しい作品に仕上がった。
[PR]
by souu-y | 2014-10-20 17:36 | みんなの作品

幻雨作品

e0131814_21484832.jpg


突然の病により半身不随になった友への励ましの言葉を。
そんな言葉に一番ふさわしいと「いまから ここから」
相田みつをの言葉である。
筆者は その友が勇気と希望を持ってほしいとの一心で書いた。

相田みつをはありのままの自分というものを見つめなおそうと考えた言葉の数々を残したのではないだろうか。
今の時代、必要以上のものを求めずにはいられない事も多い。未来に対する不安であったり、何かを手に入れたいという欲望であったりする。

無理のない程度に希望を失わず自然に、ボチボチね。という気持ちで書いたのではないだろうか?
皺紙に 素朴に力まずゆったりと。そんな気持ちが友達に伝わると良い。
[PR]
by souu-y | 2014-10-20 17:36 | みんなの作品

書く前に

e0131814_17152935.jpg
オリジナル作品を書こう!

あなたは左の花が好きですか?
右の花が好きですか?
e0131814_17155662.jpg
人それぞれ好みがあります。

どの作品が良いか 勿論、書の作品は線質の良し悪し、形の良し悪し、布置(配字)、勢いのあるなし、空間の取り方、色々な評価の仕方がある。

それなら
何を如何書けば良いのか?

その為には
日頃からいろいろなものに触れ,様々な経験を積んで視野を広めておくこと。

≫急にそんなことを言われても・・・((+_+))

具体的に言えば,いろいろな古典を学ぶこと,書に関する本格的な本を読むこと,優れた実物を見ることである。

≫長年、古典の臨書はした、展覧会にも出かけて行った

書に関する視野を広く持つことと 書きたい!という気持ちを持って他人の作品を見る。
ヒントになるものは書の作品だけではない、色んなものから学べる筈だ。


さぁ!書きたい詩や文章、好きな文字を探してみよう。
そして、どんな用紙に書くか?
普段使っている半紙や画仙紙だけでなく色んなものに書ける。

自分の思いを表現しよう。
大切な人にプレゼントしたい、
大勢の人に喜んでもらいたい。

嬉しいこと 悲しい事 気持ちを込めて魂の籠った作品を書いてみよう。
[PR]
by souu-y | 2014-10-20 10:30 | みんなの作品

爽雨作品 2

遊び心で気楽に書いてみよう
e0131814_16552357.jpg

何を書く?
紙は?
墨の色は?

e0131814_16583957.jpgまず、頭の中でイメージを

書く!

何通りの作品に?

必要なのは1つだけ
世界に一つだけの作品を。

また、練り直し


e0131814_16592964.jpg又また 書き直す

書いては捨て!
書いては捨て!

試行錯誤の後

たった一枚。

「羊」2015年は未(羊)年
羊に纏わる詩を
「驅(駆)羣(群)羊」
「群羊駆りて 猛虎を攻める」
弱者も助け合えば 強敵に立ち向かうことが出来る。


[PR]
by souu-y | 2014-10-19 17:11 | 爽雨作品

爽雨作品 1 

e0131814_2055130.jpg

千字文
子供に漢字を教えるために用いられた漢文の長詩で1000の異なった文字が使われている。
「天地玄黄」から「焉哉乎也」まで、天文、地理、政治、経済、社会、歴史、倫理などの森羅万象について述べた、4字を1句とする250の短句からなる韻文である。
書道の手本としては、智永が楷書と草書の2種の書体で書いた『真草千字文』が有名である。その後、草書千字文、楷書千字文など、様々な書体の千字文が作られた。また、篆書、隷書、楷書、草書で千字文を書いて並べた『四体千字文』などもある。

平成20年甲骨文字で書いた。
e0131814_20205341.jpg

e0131814_20211240.jpg


平成26年 墨型を作る中村雅峯さんの展覧会で千字文の墨を見る。
e0131814_20303571.jpg


その年のグループ展に
e0131814_20312098.jpg
2句目の「宇宙洪荒」より「宇宙」と大きく書き、
「天ははるかで黒く 地は黄色 宇宙は茫漠として広大である 
寒さが来れば暑さが往きて 季節は移り 秋には春や夏に蒔いた穀物を収穫し冬にはそれを蔵にたくわえる」と添え書きした。

1000の文字を覚えるばかりでなく 書道の作品にすると 何通りの作品が出来上がるだろうか?
書体の変化、構成の工夫、一文字だけ書くのか 多字数の作品にするのか。
紙や筆はどんなものを使うか、墨の色は濃墨か淡墨か 滲みの多い作品が良いか、カスレを出すか。
優しい雰囲気にするのか 力強いのが良いのか?

書は人也というが その時の気持ちも作品に反映される。
楽しく書いた書
苦しんで書いた作品

どちらの作品を見たいですか?

[PR]
by souu-y | 2014-10-17 21:23 | 爽雨作品

師匠の作品 2

桑田 笹舟

e0131814_1719524.jpg

40数年前、著書出版のため 関戸古今集の一節を拡大臨書してくるようにと言われご自宅へ持参した時、「僕も書いてあるよ」と結婚祝いとして戴いた作品。
この著書は お稽古を止めたこともあり 出版されたのかも判らない。

奈無登難久 宇礼志幾古東能 安万堂阿流 心農有幣耳者類半 起多李怒
何となく 嬉しきことの あまたある 心のうへに春は きたりぬ


明治33年(1900年)6月24日、広島県福山市生まれ。1921年安東聖空に師事。1924年古筆研究家の田中親美に師事。
1924年一楽書芸院を設立、会長に就任。1927年「かなとうた」発刊。1932年関西書道会展、東方書道会展で最高賞受賞。1940年教職を退き、書道に専念。
1951年日展特選。1956年朝日新聞社主催「現代書道二十人展」に出品。1965年兵庫県文化賞。1970年日本芸術院賞受賞。1978年勲四等旭日小綬章。1980年東大寺華厳経奉納。1981年紺綬褒章。1982年東宮御所において皇太子妃(現在の美智子皇后陛下)に料紙について御進講。    
その他、日展理事・毎日書道展審査会員、一楽書芸院会頭、日本書芸院名誉顧問などを歴任。
「大字かな」運動の先駆者として書道隆盛の基礎を築いた。また古筆と料紙の探求に専念し、王朝の料紙を現代に再現する等、料紙研究家としても第一人者。
福山市名誉市民
平成元年(1989年)7月31日没、89才。
[PR]
by souu-y | 2014-10-15 17:44 | 師匠の作品

師匠の作品 1

炭山 南木

e0131814_16153817.jpg

高校1年で出会えた師匠。その頃の作品。
「夏雲多奇峰」
春水満四沢  春水(しゅんすい)、四拓(したく)に満つ
夏雲多奇峰  夏雲(かうん)、奇峰多し
秋月揚明輝  秋月(しゅうげつ)、明輝(めいき)を揚(あ)げ
冬嶺秀孤松  冬嶺(とうれい)、孤松(こしょう)秀(ひい)ず
陶淵明の四時の詩の一節

e0131814_6105765.jpg
老鶴雲間意  ろうかくうんかんのい
長松雪外姿  ちょうしょうせつがいのすがた 
 
昭和40年 日展出品作品


明治28年(1895)3月25日香川県小豆島生。
号は無隣庵。川谷尚亭に師事し行草書を得意とした。
毎日展名誉会員・日展参与・日本書芸院顧問。芸術院賞受賞。
昭和17年神融会を設立。21年辻本史邑らと日本書芸院を設立,のち理事長。
日展特選、日本芸術院賞を受賞、大阪市民文化賞、布施市有功章、書道文化顕功章、紺綬褒章、勲三等瑞宝章受章。
大阪樟蔭女子大学名誉教授、奈良教育大学教授、東大阪書道協会会長、 日展参与等を歴任。
黒部ダム碑文 揮毫。
著書に『臨書指針』他多数。
昭和54年(1979)11月23日歿、84才。
[PR]
by souu-y | 2014-10-15 17:14 | 師匠の作品

作品集

誰もが楽しんで作品を書けるようにしたい、それが私の願いです。

長年、臨書で培った腕の見せ所、ゆっくり時間を掛けて自分だけの作品を作っていくために 月1回、一作ずつ(隔月2作)作品を掲載して行こうと思います。               爽 雨


                       
[PR]
by souu-y | 2014-10-15 15:59 | みんなの作品