<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

妙子 作品

e0131814_16451559.jpg
クリスチャンである この人は聖書の詞や讃美歌の詩を書きたいと書道を始めた。
その為には 基本の練習も必要であるから漢字も仮名も練習を積み 競書にも出品し師範の資格も獲得した。
調和体の作品は ある程度センスも必要だから展覧会も見て研究を重ねた。
紙や墨、特に墨の色や含ませる分量などに依って魅力的なものにもなる、リズミカルに力強く、また反対に優雅に書くことは中々難しい。
さて、この詞のように魅力ある作品が出来ただろうか?







[PR]
by souu-y | 2017-02-07 16:56 | みんなの作品

斐子 作品

e0131814_08422047.jpg
和漢朗詠集・春より「霞」の部分を。
これまで升色紙の臨書を勉強したので今回は和漢朗詠集より漢詩と和歌を書いたものです。
今年のシルバー書道展にも この部分を臨書します。
今回も納得いくまで練習したいと励んでいます。

和漢朗詠集は漢詩および漢文588句それに和歌
216首を合わせたもので藤原公任が集めた詩文集で 藤原行成が清書、粘葉本に装幀し硯箱に入れて贈ったといわれている。

粘葉本とは粘葉装(でっちょうそう)といい糸を用いずに糊だけで綴じる。一枚の紙を二つに折ったものを重ねて折り目から5mmほどに糊をつけて貼り合わせる。このような冊子の装幀方法を粘葉装と呼び、この方法で制作された冊子を粘葉本という。







[PR]
by souu-y | 2017-02-07 09:10 | みんなの作品