臨書作品ー風信帖ー

守屋 清風

e0131814_2163611.jpg

風信帖(1通全臨)
風信雲書自天翔臨 披之閲之如掲雲霧兼 恵止観妙門頂戴供養 不知攸厝已冷伏惟 法體何如空海推常擬 隨命躋攀彼嶺限以少 願不能東西今思与我金蘭 及室山集會一處量商仏 法大事因縁共建法幢報 仏恩徳望不憚煩勞蹔 降赴此院此所々望々忩々不具 釋空海状上

「風に乗ってお手紙が天から舞い下りてきたようです。お手紙を開いて拝見しますのに 雲や霧をはらうようにして開きました。あわせて止観妙門の教典を御恵贈下さり 祈るように頂戴し・・・」

国宝指定名称は『弘法大師筆尺牘(せきとく=手紙)』
空海が最澄に送った書状3通を一巻にまとめたもので、1通目の書き出しの句に因んで『風信帖』と呼ばれる。
もとは5通あったが、1通は盗まれ、1通は豊臣秀次の所望により、天正20年(1592年)献上したことが巻末の奥書きに記されている。東寺に現存。
[PR]
by souu-y | 2011-02-18 09:22
<< 臨書作品ー自叙帖ー 臨書作品ー枯樹賦ー >>