幸峰 作品

e0131814_9143455.jpg

「大伯王女・大津皇子の姉弟愛に感動したのを思い出し書きました。お姉さんの溢れんばかりの慈しみに胸がしめつけられるようでした。
齢を重ねるごとに迷惑をかける事が沢山なると思います。出来る限りの優しき思い遣りをできるよう努力したいと」作品に気持ちを込めて書かれた。
「うつそみの人なる我(われ)や明日よりは 二上山(ふたかみやま)を弟と我が見む」
真ん中に大きく篆書体で「弟」の文字を入れ 萬葉歌を添えた。




[PR]
by souu-y | 2016-11-17 09:29 | みんなの作品
<< 清香 作品 清風 作品 >>