<   2018年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

清風作品

e0131814_09392271.jpg
与贈循環
人のために何かをすることが新たな与えを生み やがて自からのところに戻ってくる
『土井善晴さんの「一汁一菜」の本を読んで心に残った言葉を書きました。漢字とかなの調和が難しく随分悩みました』と解説しました。

子育てに追われて時間がとれない、仕事で疲れて料理する気になれない、一人分を作るのは面倒……。「食べること」が大切だとわかっていても、おろそかになってしまいがちな毎日の料理。そんななか、台所に立つ人を楽にしたいと『一汁一菜でよいという提案』をされた土井先生は「一輪の花を愛でるようにみそ汁を味わう」とも書かれていますが 基礎があってこそ言える事かもしれません。
それは「書」を楽しむ事にも通じると思います。

清風さんは 長年、漢字の練習をし これから調和体の勉強も始めます。



[PR]
by souu-y | 2018-03-15 10:07 | みんなの作品